エリボックス

楽しいことをより楽しく!

銀行員が円高・円安をわかりやすく説明してみる

calendar

reload

f:id:guregurex:20160616214619j:plain

先日(2016/06/16)は また一段と円高に動きましたね!実は銀行員のえりぼーです!

ニュースを見ていると、「円高」「円安」「円高ドル安」など聞くと思いますが、正直よくわからない…そんな方に向けてわかりやすく説明してみたいと思います!

噛み砕いての説明なので、これ読んでなんとなくわかった~と思ったらぜひもう少し難しいサイトでお勉強してください!

そもその何の話をしているか?

外貨…為替相場……

結局何の話なのか?というと「自国のお金が他国でいくらで売れるか?」というお話だと思ってもらえば大丈夫です。

FX・外国為替 – Yahoo!ファイナンスで確認すると、ドル/円 104円となっていまし

た。

つまり「1ドルを買うには104円払うのよ」っていうことです。

これは常に変化しているので、来月にはドル/円 120円になっているかもしれません。逆にドル/円 80円になっているかもしれない。

それは世界情勢とか国の政策とかで変わるので詳しくなってくれば多少読むことは出来たとしても確な予想は出来ません。

円高・円安は「~が~く見られている」という言葉を入れるとわかりやすい

では、よく聞く円高や円安という言葉の説明をしたいと思います。

以下、わかりやすくするために今日のレートは100円とします。

今日は1ドル100円で買えた。でも来週は1ドル120円で買うようになった。これは「円安に動いた」とか「今円安だから~」とか「今、円安傾向だよね」とかそんな言葉を使うことができます。

「100円から120円になったら円高じゃない…?値上がりしてるよ?」と、思うかもしれませんが価格ではなく価値で考えます。

謎の小話劇場

花子「1ドルちょうだい!」

メアリ「100円と交換ねー!」

~一週間後~

花子「1ドルちょうだい!はい、100円」

メアリ「はぁ?円なんかいるかよ!このダボがぁ!!1ドル欲しけりゃ120円よこしなァ!」

花子「(安く見やがって…!)」

価値が下がったのでたくさんないと買えないのです。安く見られるに言い換えてはめ込むとわかりやすくなります。

く見られている」

円高はその逆です。

今日は1ドル100円で買えた。でも来週は1ドル80円で買うようになった。これは「円高に動いた」とか「今円高だから~」とか「今、円高傾向だよね」とかそんな言葉を使うことができます。
「100円から80円になったら円が安くなったのでは…?」と、思うかもしれませんが同様に価格ではなく価値で考えます。

謎の小話劇場2

花子「1ドルちょうだい!」
メアリ「100円と交換ねー!」
~一週間後~
花子「1ドルちょうだい!はい、100円」

メアリ「え!あの天下の円様だよ!?ドルごときと…80円で十分だよ!!」

花子「(高く見られている…!)」

価値が上がるを高く見られるに言い換えてはめ込むとわかりやすくなります。
く見られている」

価値とかわからん…という人は物々交換を考えて欲しい

遊戯王カードでブラックマジシャンガールとクリボーを交換する場合(してもらえないだろうけど)ブラックマジシャンガール1枚に対してクリボーはたぶん何十枚かもしかしたら何百枚要りますよね?
松茸と椎茸を交換するのであれば、松茸1に対して椎茸はやはり数十個な訳です。
価値が高い方が数は少なくて良いのです!
お金も同じことです!

円安の影響

では、円安はわたしたちの生活にどんな影響があるのでしょうか?

もっとあるけど、庶民感覚で記してみます~~

海外の物を買うと高い

50ドルのカバンがあったとして、
1ドル100円の時であれば、5,000円で買えます。
1ドル120円だったら6,000円になります。同じものなのに!
個人でもそうですし、輸入している業者でもそうです。日本は食べ物などほぼ輸入しているので直接海外で買わなくてもスーパーなどでも値上がりが予想されます。

輸出してる人は利益が増える

何か商品を売って100ドルもらってた人がいたとして、
1ドル100円だったら10,000円!
1ドル120円だったら12,000円!
に、なるので商品がなにも変わってなくても円安になるだけで儲かります。
例えば、日本車を海外に売ってる自動車メーカーとか!

円高の影響

上の逆です。
庶民的にはこちらの方がありがたいです。

海外の物が安く買える

先程と同じ50ドルのバックを1ドル80円の円高になって買ったとすると、
50ドル×80円で4,000円で買えます!
ということです。
120円の時の6,000円と比べると2,000円も違います。
輸入したものを販売している会社も今まで買ってたものがまったく同じものなのに安く仕入れることが出来るのです。
ので、円高還元セールとか開催されたりして私たち消費者には美味しいです。
iTunes Storeも数年前は一番安いアプリは85円でしたよね。それが今では120円。これはアプリの開発者が値上げした訳ではなくて、円とドルの関係でstoreの方でこのような価格変動をしました。

輸出してる人は利益が減る

じゃあ円安最高じゃん!と思うかもしれませんが、そういうわけにもいきません。

100ドルで売っていた商品があったとして1ドル80円になってしまうと売り上げは8,000円になります。 

1ドル100円の時と比べると2,000円のマイナスです。

企業だとそれが百万みたいな話になってきます。
日本は貿易国なのであまり円安になりすぎると景気が滞ります。

まとめ

円高や円安は表示された金額ではなく、その価値で考えるとわかりやすいよ!
以上、銀行員なのに普段はどんぶり勘定なえりぼーでした!
なんとなくわかった!という人が一人でもいたら嬉しいです(〃´ω`〃)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いてるひと

えりぼ

銀行勤務のおたくガールです!

食べ物の話から漫画の話までなんでもありの雑記ブログです。

folder うさぎ

more...

folder おすすめグッツ・ライフハック

more...

folder お金

more...

folder ゲーム

more...

folder ダイエット

more...

folder ディズニー

more...

folder ブログ運営

more...

folder 主義・主張

more...

folder 旅行

more...

folder 映画

more...

folder 時短レシピ

more...

folder

more...

folder 福袋

more...

folder 行った!やった!

more...

folder 食べ物

more...

folder 飲食店

more...